沿革 History

昭和45年7月23日
大和銀行の関連会社として「株式会社総合システム研究所」が設立発足
払込資本金5千万円
昭和46年3月24日
東京支店を開設
昭和61年10月1日
社名を「大和銀総合システム株式会社」に変更
平成元年5月1日
資本金1億円に増資
平成4年4月1日
資本金2億円に増資
平成7年4月1日
資本金5億円に増資
平成12年10月1日
子会社「大和銀コンピュータサービス株式会社」を設立し、営業を開始
平成16年3月25日
株式会社りそな銀行・株式会社アイネスと3社で業務提携契約を締結、
りそな銀行のビジネスパートナーとなる
平成16年3月29日
発行済株式の95%を株式会社アイネスが取得、同グループの一員となる
平成16年7月1日
社名を「株式会社DACS」に変更
平成17年4月1日
子会社「株式会社DAICOM」(旧社名「大和銀コンピュータサービス株式会社」)を吸収合併
平成17年10月1日
赤坂オフィスを開設
平成18年5月10日
大阪第1データセンター(現大阪データセンタ)を開設
平成19年1月24日
「敷島印刷株式会社」の保有株式の74.16%を取得し、子会社とした
平成19年3月27日
発行済株式の90%を日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社が取得、同グループの一員となる
平成19年5月1日
東京データセンターを開設
平成20年11月17日
赤坂オフィスから御成門事務所に移転
平成21年11月10日
大阪第2データセンター(現BPOセンタ)を開設
平成22年4月12日
御成門事務所を東京支店に統合
平成22年6月21日
「敷島印刷株式会社」の保有株式を売却し、子会社ではなくなった
平成23年12月26日
大阪第1データセンター(現大阪データセンタ)をリニューアルオープンした
平成25年6月28日
発行済株式の95%を株式会社エヌ・ティ・ティ・データが取得、同グループの一員となる
ページの先頭へ戻る
過去のトピックス一覧