ホーム > サービス紹介> 金融サービス > リスク管理コンサルティング

システムソリューション System solution

金融業務におけるシステムリスク管理態勢の構築は、金融機関のもつ公共的使命、社会的責任や内外諸情勢への対応などから避けては通れない課題です。また、その対応すべき内容は、リスク管理の評価・分析、監査、情報セキュリティの強化、事業継続計画の策定をはじめとした事業継続体制の構築など多岐にわたるものです。
システムリスクを中心とした管理態勢構築の一助となるべく、当社では以下のようなサービスを実施いたします。

リスク管理コンサルティング

●システムリスク管理態勢の評価・分析

  金融機関における「システムリスク管理態勢」の構築・強化のために、多くの銀行や取引所の情報システムに関して、システム全般(設備・情報システム・ネットワーク・データ・文書・組織・人員などの全てが対象)を企画・構築・運用してきた経験や実績をベースとし、プライバシーマーク認証・ISMS認証の維持管理の経験を踏まえて評価を実施します。

●プロジェクト監査

  金融システム業務の内容に精通し、情報システムの業務ロジックにも熟知したメンバーが参画し、銀行・取引所等の基幹システムにおける大規模システム障害の反省を踏まえた「予防監査」(従来の事後的なチェックや評価を行う結果監査ではなく、開発プロジェクト等のトラブル防止の観点から、情報システムの企画・開発の段階から参画して監査を実施)の考え方に基づき、第3者的立場からシステム監査を行い、総合的・体系的・多面的なプロジェクト評価を網羅的に実施します。

●システム監査体制構築支援

  運用されている情報システムについて、有効性・効率性・信頼性・順守性および安全性を担保することを目的として、それらの妥当性を客観的に評価するため、システム運営状況についてのシステム監査体制を構築します。

 (システム監査体制の構築に係る具体的実施事項)

  • 検討、準備作業
  • 簡易診断
  • 監査規程の整備
  • 監査計画の策定
  • 監査の実施
 

●品質評価

  システムの開発・保守における各種の障害やトラブルを分析・評価し、内在している問題点や課題事項を洗い出すとともに改善事項の提案とその効果について、呈示します。

●事業継続計画(BCP)を策定支援

 大規模な災害や事故などの不測の事態が発生した場合にも、重要業務を一定のサービスレベル以上で継続させる、中断した場合は目標とする時間内に復旧させる為に必要な対策や行動計画を予め策定しておくBCPの策定を支援します。
 これには、新型インフルエンザ対応マニュアルや情報漏洩対応マニュアル等も含みます。
 また、教育・訓練サポート、BCPが適切に維持・管理されているかに関する監査、BCPの保守などトータル的なサービスの提供も行います。

 詳細は、こちらをご参照ください→ 「事業継続計画」策定サービスのご案内ページ

●情報セキュリティ支援

  情報セキュリティ体制の構築に関するコンサルを実施します。また、設備面など情報資産の保全に関するコンサルを実施します。合わせて、情報セキュリティ関連規程程の整備についても実施します。

   (具体例)

  • 情報セキュリティ管理体制の構築
  • 情報セキュリティ・ポリシーの作成支援
  • FISCの安全対策基準とのフィットギャップ分析および評価
  • 情報セキュリティについての教育研修サポート など
関連リンク

株式会社DACS 金融ソリューション部
本  社:〒541-0048
 大阪市中央区瓦町1丁目4-8 瓦町恒和ビル
 TEL:06(6204)4112  FAX:06(6203)1440

東京支店:〒154-0024
 東京都世田谷区三軒茶屋2丁目16-11 りそな世田谷ビル
 TEL:03(5432)7900  FAX:03(5432)7902

ページの先頭へ戻る
過去のトピックス一覧