ホーム > トピックス > 大阪アウトソーシングサービス部のOCR処理サービス及びBPOセンタの全業務において、サービスマネジメントの国際標準規格『ISO/IEC20000』 の認証を取得しました。

トピックス Topics

大阪アウトソーシングサービス部のOCR処理サービス及びBPOセンタの全業務において、サービスマネジメントの国際標準規格『ISO/IEC20000』 の認証を取得しました。

2014.03.13

大阪アウトソーシングサービス部のOCR処理サービス及びBPOセンタの全業務において、サービスマネジメントの国際標準規格『ISO/IEC20000』 の認証を取得しました。

弊社では、高品質なサービスをお客様に提供するため、サービスマネジメントの国際標準規格である『ISO/IEC20000』に基づく運用に取組んでおります。従来の認証範囲に加え、2014年2月7日に大阪アウトソーシングサービス部のOCR処理サービス及びBPOセンタの全業務において認証を取得しました。今後も認証範囲を拡大し、より高品質なサービスを追求し、お客様の満足度向上を図ります。

 

(1) ITサービスマネージメントシステム(ITSMS)とは?
    IT(情報技術)を利用したサービスの品質を確保し、改善するための 「 管理の仕組み 」 のことです。
    ITの高度化により、今やITサービスなくして、政治・経済、個人の生活など社会活動が成り立たなくなっており
    サービス提供者には、「 安定したサービス提供 」 が強く求められています。
    ITSMSは、当社が 「 安定したサービス提供 」 を実現するための 「 サービス運用管理のガイドライン 」 となります
 

(2) ITSMSの国際標準規格
    『 ISO/IEC20000 』 とは、ITILの運用管理プロセスをベースとしたITサービスマネジメントの国際標準規格です。
    PDCAマネジメントサイクルによる継続的な改善により、プロセスの形骸化を防止し、常に高い品質を維持し
    お客様の満足度向上を図ります。日本対応版として 『 JIS Q20000 』 があります。

 

    ※ ITIL : 1989年に英国政府が発表したITサービスマネジメントのベストプラクティス集
    ※ JIS Q20000 : ISO/IEC20000に対応した日本版の規格

 

 

登録証番号 JQA-IT0053
登録事業者 株式会社DACS
認証規格

ISO/IEC 20000-1:2011、JIS Q 20000-1:2012

登録日 2012年 3月30日
改訂日 2014年 2月 7日
登録範囲

大阪データセンタ部

 [ 代金回収システムの受託運用サービス ]

 [ OCR処理サービス ]

 大阪データセンタ

 [ ハウジングサービス ]

 [ 運用サービス ]

BPOセンタ

 [ プリント封入封緘サービス ]

 

ページの先頭へ戻る
過去のトピックス一覧